しろうジャーナル 掲載記事ブログ

<< 災害時の備え 避難所の感染で命を落とすこともある | main |
食物アレルギー 〜赤ちゃんの長引く湿疹、離乳食、最新の治療法について
0

    河北総合病院 小児科科長 藤原摩耶先生(アレルギー専門医) 

     

     

     

    私たちの体には、ウイルスなどの病原体から体を守る「免疫」という力があります。

    食物アレルギーとは、この 「免疫」が本来無害なはずの食べ物に対して

    過敏に反応してしまう状態をいいます。 

     

     

     

    【赤ちゃんの長引く湿疹…食物アレルギーが原因!?】 

     

     

    生後間もなく顔からはじまる湿疹。乳児湿疹は自然に治癒しますが、

    長引く場合、心配で小児科や皮膚科を受診すると、最初は保湿剤を処方されます。

    改善が乏しい場合は、ステロイド外用薬(ぬり薬)もしくはステロイドと保湿剤を混ぜた外用薬が処方されます。

     

     

    食物アレルギーの原因物質は、口からだけではなく、皮膚から体内に入る場合もあります。

    つまり皮膚のバリア機能の低下が、食物アレルギー発症のリスクとなりうるのです。

    小さなわが子に赤ちゃんの時期からステロイド外用薬を使うことに

    ちゅうちょされる親御さんもいらっしゃるかと思いますが、湿疹の状態が悪いほど、

    アレルギーの原因物質が体内に入りやすくなります。

     

     

    乳児期早期に湿疹を十分治療すれば、皮膚から食物アレルギーの原因物質が入り込むことを防ぎ、

    その後の食物アレルギー発症を防ぐ事ができるかもしれません。

     

     

    治りづらい湿疹がすべて食物アレルギーに関係するとは限りませんが、

    外用薬を使用してもよくならない、もしくは薬をやめると悪化することを繰り返す場合は、

    食物アレルギーの可能性も視野に入れ、アレルギー専門の小児科医に相談するのも

    ひとつの選択肢かもしれません。

     

     

     

    【離乳食の進め方】

     

     

    離乳食を始めるときに一番心配なのは、わが子に食物アレルギーがあるかもしれない、

    ということではないでしょう か?

    第一に、発症を100%予防することは不可能と考えてください。

     

    乳児の食物アレルギーは三大アレルゲンである、鶏卵、牛乳、小麦が全体の90%を占めますが、

    豆腐、白身魚などあらゆるものでアレルギー症状が起きる可能性はあります。

     

    離乳食で新しいものを試す時は、何かあったときに医療機関に受診できるよう、

    平日の日中にされることをお勧めします。

     

    食物アレルギーの症状は原因の食物を食べた後、早ければ15分以内、

    遅くとも2時間以内に症状が現れます。

     

    最も現れやすいのは顔面紅潮やじんましんなどの皮膚症状ですが、

    少し遅れて呼吸が苦しくなったり(呼吸器症状)、吐いたり(消化器症状)と、

    多様な症状(アナフィラキシー)が現れることがあります。

     

    ただ、口周囲の発疹のみの場合はアレルギー症状だけでなく、

    塩分やアクなどによるかぶれの可能性もあります。

    特定の食べ物を食べた後、何らかの症状が出ることを繰り返す場合は、

    食物アレルギーと自己判断することは避け、医師に相談してみてください。

     

     

     

    【除去から「少しずつ食べる」へ?最近の治療法について】

     

     

    食物アレルギーを発症した子どもも、8割は成長に伴って原因の食物を食べられるようになります。

     

    しかし強いアレルギー症状が出る子どもは原因食物を含む加工品も制限するような生活を

    長期間強いられていることも少なくありません。

     

    最近、食物アレルギーの治療として話題になっているのが、「経口免疫療法」です。

    従来は原因食物を除去していましたが、経口免疫療法の場合、原因となっている食物を

    連日少しずつ食べて、食べられるようになることを目指します。

     

    例えば卵のアレルギーがあっても、食べても安全と判断できる量を見定めながら

    (時にはボーロなどの加工品を利用しながら)、

    摂取できる量を少しずつ増やして身体を慣らしていくことで、

    将来の目標量(卵であれば1個分)を食べられることを目指す治療です

     

    しかし、まだまだ研究段階の治療法であり、食べ始める時期や量については

    過去の症状の出方や血液検査所見をもとに慎重な判断が必要です。

     

    2歳を過ぎても制限を緩めるめどが立っていない場合は、アレルギー専門医に相談してみるのもよいでしょう。

     

     

    1234567

     

     

     

    【食物アレルギーについてのQ&A

     

     

    Q1.「毎日特定の食品を食べ続けると、からだに蓄積されて食物アレルギーになる」

    と聞いたことがあり、気になっています。

     

     

    A1. 花粉症や猫アレルギーなどは、原因となる物質(スギ花粉や猫の毛など)と、

    一定レベルをこえる接触をすると発症します。

     

    しかし、食物アレルギーに関しては、これとは少し異なると考えてください。

    例えば、小さい子にありがちな「納豆ばかり食べる子」が、納豆(大豆)アレルギーになる

    ということはほとんどありません。

     

    食物アレルギーを発症してない場合、こうした幼児期の偏食は、ある程度目をつぶってよいと思いますが、

    栄養のバランスを考えて食事を選びましょう。

     

    また、すでに何らかの食物アレルギーを発症している場合は、慎重な対応をしたほうがよいので、

    専門医と相談してください。

     

     

     

    Q2.「経口免疫療法」で原因の食べ物を毎日食べる治療は、からだに負担が

    かかるように思いますが大丈夫でしょうか?

     

     

    A2.乳幼児の即時型食物アレルギー患者の多くは、身体の発達とともに食べられるようになります。

    でも、それだけではなく【除去から「少しずつ食べる」へ?最近の治療法について】

    に書いたように、アレルギーの原因の食べ物に慣らしていく行程も大切です。

     

    最近話題になっている花粉症の治療で、スギ花粉成分を毎日口に含む「減感作療法」があります。

    これは微量のスギ花粉を含むエキスを毎日口に含み、からだを慣らしていく治療です。

    これと同じに考えるとよいかもしれません。

     

    ただし、どちらの治療も、専門医と相談してから行う治療であることをご理解ください。

     

     

    | shirouiryo | こどもの肌のこと | 12:10 | - | - | - | - |
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << April 2017 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE