しろうジャーナル 掲載記事ブログ

<< 知っておきたい子どもの事故の基礎知識 | main | 食物アレルギー 〜赤ちゃんの長引く湿疹、離乳食、最新の治療法について >>
災害時の備え 避難所の感染で命を落とすこともある
0

    こんにちは。「知ろう小児医療 守ろう子ども達の会」代表の阿真京子です。

    昨年4月には熊本地震が、11月には福島沖で津波が観測され、

    津波警報や注意報が広範囲に発令されたことは記憶に新しいと思います。

    都内では30年以内に震度6弱以上の地震が起こる確率が47%といわれており、

    千葉市の85%、横浜市の81%と並び、「必ず起こる」として想定しておきたい現状です。
    子どもを持つ親にとって心配なのは、震災時に避難所で破傷風やインフルエンザが発生したという話です。

    先日、私達の会では「防災から考える感染症、予防接種」と題した講座を行いました。
    東日本大震災で産婦人科医として妊産婦や新生児の救護に携わった吉田穂波医師、

    熊本地震で世界の医療団 日本(MDMJ)として活動した早川依里子・小児科医を招いて

    行われた講座の模様をお届けします。

    災害時に起きたことを振り返りながら、子どもの感染症や予防接種について考え、

    必要性について改めて考えていきます。

    避難所で爆発的に広がる感染症は「嘔吐下痢症」
    まず登壇したのは、国立保健医療科学院 生涯健康研究部 母子保健担当 主任研究官の吉田穂波医師です。吉田医師は、東日本大震災で産婦人科医として石巻や東松島に駆けつけた経験から、災害時の妊産婦・乳幼児への支援体制の必要性を痛感。災害時母子救護プロジェクトの活動をしています。以下、吉田医師による講演です。

    ◆◆◆

     

     

     子どもを抱える私達にとってまず心配なのは、子どもの体調と健康状態だと思います。

    避難所で爆発的に広がる感染症は嘔吐下痢症です。

     原因は、避難所の衛生環境が整っていないトイレです。

    詰まって流れない、排水できずに下水があふれる、

    それを防ぐため新聞紙に用を足して捨てざるを得ないこともありました。

    そんな状態で、多くの人が土足で歩き回っている状態です。

    手洗いも十分にはできません。スマトラ沖地震やアメリカのハリケーン・カトリーナの災害でも、

    嘔吐下痢症で亡くなる赤ちゃんが多くいました。

     

    避難所暮らしのストレスで、不眠や腹痛・下痢、食欲低下、かゆみなどの皮膚症状、

    持病の悪化、おねしょ、おもらしなどの症状が現れる子も増えます

    心のストレスは、免疫状態を悪化させ、感染症にかかるリスクを高めることも分かっています。

    また、心の問題が起きても、災害時には医療の手助けを求めにくい部分もあります。

     

     東日本大震災のとき、岩手県では災害から1週間後にようやく避難所に小児科医の助けが来ました。

    被災地の小児科医や看護師はどうしても、病院内にいる病気の患者を守ることで精一杯で、

    避難所まで手が回らないのが現状です。

     

     医療が麻痺状態のなか、命に別状がない持病を持つ人や体調不良の人は、

    後回しになってしまいます。医療へのアクセスが悪いなかで、

    子ども達の健康を守るために、親には何ができるでしょうか?

    母子手帳・お薬手帳・緊急カードを常に携帯。母子手帳記録はクラウドへ

     

     

    普段からバッグのなかに、

    「母子手帳・お薬手帳・緊急カード・食物アレルギーがある子ならアレルギー対応の非常食」を、

    持ち歩いていてほしいと思います。

    東日本大震災のときは、予防接種の記録が書かれた大切な母子手帳が津波で流されてしまった人がたくさんいました。

    母子手帳やお薬手帳は写真を撮ってクラウドに上げたり、

    自分宛にメールを送ったり、コピーを取って持ち歩いておくのがおすすめです。

    予防接種や服用中の薬の記録など、自分の子どもの健康情報を肌身離さず持っておくことで、

    スムーズに医療を受けることができます。

     

    そして、子ども専用の非常持ち出し袋を作り、子どもが普段から使っている湿疹の塗り薬や風邪薬、

    安心できるタオル、おもちゃ、キャンディなどをまとめておきましょう

    「これがあれば子どもが安心する」というものを備えておくと、災害時にはなぐさめになります。

     

    食物アレルギーは命に関わる大切なことですが、避難所で対応ができないことも想定して、

    少量でもいいのでアレルギー対応の非常食を備えておくと安心です。東日本大震災の際には、

    「避難所でアレルギー対応を求めるなんて、わがままと思われるのではないか」と遠慮して、

    母乳だけを与え続けたり、水とお菓子だけでしのぐ、というお母さんもたくさんいました。

     

     

     以下のツールもぜひ活用してください。

     

     

    妊産婦さん、小さなお子さんを持つお母さんのための災害時の対策ブック
    助産師が伝える災害時の知恵ぶくろ
    http://www.midwife.or.jp/pdf/chiebukuro/chiebukuro_280420.pdf

    赤ちゃんとママを守る防災ノート
    https://cloud.niph.go.jp/fileshare/download?file=kg6X0Qc6Ey2ciLETz7Hy

     

     

     

     

    保育園ママの携帯・メールアドレスは交換しておく

     

     

     私自身の苦い経験からアドバイスをさせていただきます。

    東日本大震災のときまでは、私は保育園のママ友とは挨拶は交わすものの、

    個人的に電話番号やメールアドレスの交換はしていませんでした。

    震災のとき、私はすぐに保育園に子どもを迎えに行くことができましたが、

    そのとき、お母さんを待っている不安げな子どもがいました。

    私はその子のママの連絡先を聞いていなかったことを後悔しました

     

    多忙な保育園ママ同士、挨拶程度で深い付き合いをしていない人も多いかもしれませんが、

    災害時にすぐにお迎えに行くことができるとは限りません。

    ママ友同士のつながりがあれば、先に迎えに行ったママが子どもを連れて帰って、

    子どもは友達家族の家で安心して待つことができますよね。

     

    地域のコミュニティーを大切にすることは、

    災害時はもちろん、普段からも何かの助けになってくれるのではと思います。

    そういう関係を築いておくことも大切だと思いました。

     

     

              

     

    避難所で流行りやすい感染症とは? ワクチンで備えを

     

     

     次に登壇したのは、小児科医の早川依里子医師です。

    災害時に避難所で流行しやすい感染症を防ぐために、日ごろからできる備え、「予防接種」についてのお話です。

     

    ◆◆◆

     

    昨年夏に、関西空港から始まったはしかの流行がありました。

    海外では3回接種の国もありますが、日本は現在2回接種。夏の流行で罹患した人は、

    1回接種しかしていない年代の人達でした。

    日本は海外の人から「はしかの輸出国」と皮肉られていたなど、ワクチン接種に関しては諸外国から後れを取っています。

     

    「ワクチンは副反応が心配」という人がいます。

    もちろん副反応が起こるリスクはゼロではありませんが、病気になったときのリスクと

    副反応を天秤にかけて、ぜひ接種してほしいと思います。感染症別に解説します。

     

     

     

    はしか
    ワクチンの副反応としての急性脳炎は100万分の1の確率で起こるが、はしかにかかると1000人に1〜2人が脳炎罹患する、非常に怖い病気。

     

    風疹
    妊娠中のお母さんがかかると赤ちゃんの聴覚障害が起こる可能性がある。風疹にかかると、6000人に1人の割合で急性脳炎になる。症状が出ない不顕性感染は診断が難しく、感染者はかなりいると思われる。

     

    水ぼうそう
    日本では毎年約100万人が罹患し、4000人が重症化して入院、20人が亡くなる。2014年10月に定期接種化(2回)されたので今後は減少が見込まれる。1回接種だと不十分で、小学生くらいにかかる人が多い。

     

    おたふく風邪
    100人に1人が無菌性髄膜炎、500〜1000人に1人が回復できない片方の難聴に、3000〜5000人に1人が急性脳炎になる。ワクチン接種による急性脳炎の発症は25万人に1人。定期接種化が望まれる。1回接種では不十分。

     

    B型肝炎
    非常に感染力が強く、日本でも保育園で集団感染があった。日本でようやく定期接種化された。接種対象年齢外の人は任意接種が望まれる。

     

     国民全員がワクチンを受ける「ユニバーサルワクチネーション」という考えがあります。ワクチンを接種している人が多ければ、それだけ流行を防げます。世界180カ国以上、90%以上の国と地域でB型肝炎ワクチンはユニバーサルワクチネーションになっていますが、日本ではようやく2016年10月から定期接種化(3回)がスタートしたばかりです。新生児や持病があってワクチンが接種できない人のためにも、周りの人が接種することで予防することは大切です。

     

    インフルエンザ
    東日本大震災では小規模の流行が見られた。毎年50〜200人の割合でインフルエンザ脳症が起きる。

     

    破傷風
    ワクチンが定期接種化されている日本では、東日本大震災での破傷風の発症は10例、スマトラ沖地震では106例あった。日本では12歳のときに接種していれば10年程度は免疫があるが、その後は免疫が低下し、発症するケースがある。10年以内に接種していなければ、追加接種が勧められる。

     

     

    ロタウイルス胃腸炎
    日本では年間患者数が80万人、入院は7〜8万人、10人が亡くなる病気。嘔吐下痢の他、けいれんや脳炎・脳症の合併症も。症状が治まっても便中に3週間以上排泄され、感染することがある。経口生ワクチンによって感染を防いだり、症状を軽くすることができる。

     

     東日本大震災の被災地ではロタウイルスの流行が危惧されましたが、ワクチンの無料接種によって、ロタウイルス胃腸炎による入院患者数は85%減少しました。任意接種ですが、最近では接種する人が増え、目に見えて患者数が減ってきたのを実感しています。ちなみに、ノロやロタウイルス感染症にかかると、1カ月ほどは便にウイルスが排出されるので感染の可能性があります。登園・登校基準は「下痢・嘔吐が消失した後」なので医師は治癒証明書を書きますが、実際は感染の可能性があるので、トイレなどの後の手洗いは念入りに行いましょう。

     

     2011年の日本の乳幼児死亡率は1000人中3人ですが、ラオスでは5歳未満の乳幼児の死亡率は1000人中72人です。途上国の死因の多くは肺炎や下痢によるものですが、日本でも大規模な災害が起きて医療が供給できなくなれば、途上国のように死亡率が上がることが懸念されます。

     

     

    感染症を防ぐのは石けんを使った正しい手洗い

     

     

     被災地では十分な水の確保が難しいため、擦り込み式のアルコール消毒液や、

    少量の水で洗うことしかできませんが、

    普段の生活でも避難所でも、感染症を防ぐ有効な手段は「石けんを使った手洗い」です。

     

    ユニセフは10月15日を世界手洗いの日と定めました。(参照:http://handwashing.jp

     

    途上国のデータですが、石けんによる正しい手洗いによって、下痢疾患が37%減りました。

    特に、指先・爪の周りは菌やウイルスが付着しやすいので念入りに洗うことが予防には有効です。

    傷があると汚れや菌が付着しやすいので、ハンドクリームでこまめに保湿を行い、

    日ごろから指に傷を作らないことも大切です。

     

    このように、災害時に危険が増加する感染症はたくさんあります。

    なかには防げない病気もありますが、ワクチンで防げる病気もあります。

     

     

    「小さな子どもがいる人は自宅待機でもいい?」「携帯がつながらないときは?」参加者の疑問

     

     

     最後に質疑応答のコーナーがありました。参加者の疑問に、吉田医師、早川医師、阿真京子が答えます。

     

    Q.百日咳や破傷風の追加接種はしたほうがいいですか?     

     

    A. 追加接種が望まれます

     

     「この2つは、日本では4種混合ワクチン(ジフテリア・破傷風・百日咳・不活化ポリオ)

    に含まれますが、大人になると抗体が下がってきてしまうので、30歳を過ぎたら追加接種が好まれます。

    百日咳は大人がかかっても咳がひどくなる程度ですが、乳児がかかると重症化しやすく危険です。

    避難所で流行して接種前の子どもにかかるのが最も怖いことです。

    追加接種の必要性については専門家が関係機関に働きかけているところです。

    破傷風菌は土壌に含まれるので、災害時に傷口から感染することがあります」(早川医師)

     

    「東日本大震災の際には、破傷風ワクチンをボランティアの人に無料接種していました。

    熊本地震の際も、地震直後にすぐにボランティアの人への接種に動き、流行が見られなかったと聞きます」(阿真)

     

    Q.乳幼児がいます。避難所の感染リスクを考えると、自宅が住める状態なら、

    なるべく家で待機したほうがいいのでしょうか?

     

     

    A.自治体の方針を確認して。自宅でも物資がもらえるか確認を

     

    「避難所はどこなのか、自宅が住める状態ならなるべく待機していたほうがいいのか、

    避難所は少しでも心配なら来てくださいというスタンスなのか、確認してみるといいと思います。

    お住まいの自治体で開催される防災講座に出るのもおすすめです。

     

    被災地の避難所では、周りに気兼ねをして避難所を出てしまった乳幼児のいる家族がいましたが、

    一度避難所を出てしまうと物資がもらえなかったと聞きます。

    避難所にいれば無料でもらえるものを、

    自宅にいると3時間コンビニに並んで買わなければならないということもあります。

    物資をもらえる権利を確保するために、昼間は家に戻り、避難所に席だけを置いていた人もいました。

    どこにいても、誰もが物資をもらえる拠点を作るよう働きかけているところです。

    不安・疑問に思ったことは、自治体にどんどん質問してみるといいと思います。

    住民からの問い合わせで初めて、対策について考え、動き出す自治体も多いです」(吉田医師)

     

    「私の住む杉並区では災害時の医療救護所に変更があり、

    災害拠点病院・災害拠点連携病院の中に緊急医療救護所を開設することになりました。

    災害時にはどこで医療を受けることができるのか、お住まいの自治体のHPで確認してみるといいでしょう」(阿真)

     

     

    Q.非常時にスマホがつながらないことも想定して、アナログ的な準備もしておくべきでしょうか?

    A.被災地から離れた遠方の親戚を連絡の中継地点に

     

     「東日本大震災のときに被災者同士が連絡を取るのに、被災地から離れた遠方に住む親戚や友人を中継拠点にして、

    伝言を頼んで連絡を取り合っている人がいました。被災地外の固定電話や被災地の公共電話は携帯電話よりもつながりやすいので、こうした拠点を決めておくと連絡が取りやすいと思います」(吉田医師)

     

    Q.親が子どもを助けられない状況では、どうしたらいいですか?

    A.普段から子どもと防災について話をしておきましょう

     

     「私は4女1男がいますが、2歳の子どもにも私と夫の携帯電話の番号を暗記させています。

    避難所の場所を教え、いざというときは周りの大人と一緒に行動して、頼るように教えています」(吉田医師)

     

    「私も子ども達と普段からシミュレーションしています。

    “もしこの時間に地震が起きたらどうする?”と質問を投げて、家族それぞれの居場所と避難場所を確認し合います。

    日ごろから子どもと話しておくことは大切だと思います」(阿真)

     

    ◆◆◆

     

    今回の講座でもお話があったのは、『平時にできていることこそが、災害時にできること』。

    日ごろから、身を守るために大切な手洗いや予防接種はきちんとおこなったうえで、

    怖がり過ぎず、少しずつ知識やツールを身につけたり、それを平時に活用したりしてみること。

    難しく考えず、できる工夫を日ごろから行っていくことが大切なのだと思いました。

     

     

    日経DUAL共働き家庭の子どもの病気講座
    『災害時の備え 避難所で命を落とすことも』より転載
    http://dual.nikkei.co.jp/article.aspx?id=9704

     

     

     

     

     

    | shirouiryo | 小児医療 | 07:00 | - | - | - | - |
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << May 2017 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE