しろうジャーナル 掲載記事ブログ

<< 手洗いについて | main | 災害時の備え 避難所の感染で命を落とすこともある >>
知っておきたい子どもの事故の基礎知識
0

    (編集 玉木 美企子)

     

    「子どもの事故病気 いざというときの対策」について、

    行政保健師・看護師の横内瑠里子さん、医師の佐山圭子先生にお話を聞かせていただきました。

     

    1)子どもの成長に合わせた事故発生の注意ポイント

     

    日々変化する子どもの成長は喜ばしい反面、思わぬ危険につながる可能性が増えることにもなります。

    発達段階に応じた、「とくに注意すべきポイント」を押さえておきましょう。

     

    ・0〜3ヶ月ごろ・・・「窒息」

    まだねんねの赤ちゃんは、周囲の環境をよく確認しガーゼや寝具等が顔にかかって窒息する危険を回避しましょう。

     

    ・3〜7ヶ月ごろ・・・「転落」

    首がすわり寝返りをするようになるころは、ベッドやソファ等からの転落に注意を。

     

    ・7ヶ月〜11ヶ月ごろ・・・「誤飲」「打撲」

    一人座りをし、ハイハイ・つかまり立ちを始めると増える、誤飲。お座りが安定しないことによる「打撲」の危険も高まります。

     

    上記はあくまでも目安。予測のつかない動きもあるため、

    とくにベッドからの「転落」は生まれてすぐから注意が必要です。

    また、子どもは日々成長するため、「昨日できなかったことが今日できる」 こともあると、頭に入れておきたいものです。

     

    ●室内での「溺水」にも注意

    プールや海・川だけでない、家庭での「溺水」はとくに1歳前後で多く発生していると言われています。

    ほんの2〜3センチでも水が溜まっていれば溺水の可能性があるため、

    ・子どもが小さいうちは風呂の湯を抜く

    ・子どもだけで浴室に入れない

    ・大人が髪の毛を洗うときは子を浴槽から出す

    ・子どもを浴室で一人にしない

    など浴室での注意のほか、公園やマンションのエントランスなどの水場にもじゅうぶん注意しましょう。

     

    ●「非日常」な場所・時間で思わぬ行動に

    来客時や旅行中など、いつもと違う状況に置かれた子どもは、

    はしゃいだり、思わぬ行動で事故に遭うことも多いもの。

    はじめて行く場所では段差や水場などあらかじめ危険箇所の有無を確認しておくとよいでしょう。

     

     

    2)事故の予防と対策〜窒息の予防は、目配りと日ごろの「安全教育」から

     

    事故をどう防ぐか。もしも事故が起きてしまったら、どうするか。

    「窒息」「誤飲・誤嚥」に絞って、お聞きしました。

     

    ・子どもの身の回りに危険なものがないか、まずは確認!

    子どもが小さなうちは、時々床にうつぶせになって、

    子どもの目線で危険なものが落ちていないかを確認することにも大きな意味があります。

     

    ・誤飲による窒息の可能性がもっとも高まる「食事中」はとくに注意。

    ふざけたり仰向けになったりしない、口に大量に詰め込まない、よく噛む、など

    日頃からマナーを身につけられるように伝えましょう。

    (周囲の迷惑だから、ではなく、それが自分のいのちを守ることになります)

     

    ・「異物が喉に詰まる」以外の窒息も

    ビニールなどの袋をかぶる、マフラーの巻き込み、スタイのひも、

    シートベルトやカーテンタッセルが首にからまるなどの窒息の危険も。

    乳児はまず環境を確認し、成長とともに「袋をかぶることの危険」等を伝えます。

    フードのある服のひっかかりにも注意が必要です。

     

    ・万が一、窒息(異物)をしたら?

    異物の除去に効果的な「背面殴打法」は、人形を使った練習をしておくのがおすすめです。

    人形を実際に叩いてみて感覚をつかんでおくことが大切。

    「こんなに強く叩くの?とびっくりされることもありますが、窒息しているなら、

    たとえ骨が折れても異物を取り除くまで背面殴打を行うほうが大切です」

     

    ・窒息以外の誤飲・誤嚥〜吐かせて良いもの、いけないもの

    「吐かせてよいものと悪いものがある」と、よく耳にしますが、

    「食道を再度通ることでかえってからだを傷つけるおそれのあるものは、吐かせない」

    と覚えておくとよいでしょう。

    (例:針などのとがったもの、揮発性の高いもの、強アルカリ、強酸などのもの)

     

    ・タバコ・薬品等を飲み込んだら、「中毒110番」に相談がおすすめ!

    http://www.j-poison-ic.or.jp/homepage.nsf

    一般専用電話(情報提供料:無料)

     大阪  072−727−2499  365日 24時間

     つくば 029−852−9999 365日 9時〜21時

    たばこ専用電話(情報提供料:無料、テープによる一般向け情報提供)

     072−726−9922   365日 24時間

     

    たばこは誤飲のなかでも際立って多いため、専用電話が設けられています。

    とくに気をつけたいのが「たばこ水」。バーベキューや花見など、

    屋外で食事をする際に大人がペットボトルなどに作ってしまうことが多いものです。

     

    子どもはジュースの入れ物があったら、中身など確認しないで飲んでしまうことが多いが、

    たばこ水は理論上、10ccで致死量になる。

    たばこそのものを食べてしまうよりも一度に大量に摂取できてしまうため、本当に注意が必要です。

     

    ※電子たばこと加熱式たばこについて

    さまざまな種類があり一概には言えませんが、

    電子たばこでも海外製のものはニコチンが入っているものがあったり、

    加熱たばこに関してはたばこの葉を使用しているので、ニコチンやタールは必ず含まれています。

    匂いや煙が少ないという情報だけで安全なイメージがあるのかもしれませんが、

    直接喫煙も受動喫煙も有害であることは変わりないという認識が必要です。

     

    3)安全教育って?

     

    生後10ヶ月ごろからは大人の語調や雰囲気で「してはいけないこと」を理解します。

    早いうちから安全教育を行いましょう。

     

    ---

    10ヶ月ごろから・・・「いけません」で手を引っ込められます

    1歳ごろから・・・親の要求が理解できます

    1歳半になると・・・簡単な命令(指示)を実行できます

    ---

    ※月齢・年齢はあくまで目安で、個人差があります

     

     

    さいごに)

     

    1960年以来、日本における1〜19歳未満の子どもの死因の1位は、ほぼ変わらず不慮の事故。

    不慮の事故は子どもの安全や生命を脅かす最大の健康問題と捉え、

    親ができる予防策、気をつけられることを実践していくことが大切です。

     

    国民生活センターHP「子どもの発達と起こりやすい事故」PDF

    http://www.kokusen.go.jp/wko/pdf/wko-201210_01.pdf

     

     

    ■Safe Kids JapanのHP

    イラストや動画もあり、見やすい!

    年齢や実際に起きた事故の事例から、予防法がわかります。

    http://safekidsjapan.org/share/

     

    ■消費者庁のHP
    事故事例が数多く掲載され、年齢ごとに子どもに起きやすい特徴がわかります。

    http://www.caa.go.jp/kodomo/experiences/index.php

     

    どちらのサイトも、実際にあった事故の体験談を募集しています。

    自らに起きたことを公開することで、次の予防につなげられます。

     

    uto0214

     

    | shirouiryo | 子どもの事故予防 | 13:55 | - | - | - | - |
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << August 2017 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE