しろうジャーナル 掲載記事ブログ

<< 「経口補水療法」を知っていますか? | main | 日本脳炎ワクチン Q&A >>
小児救急のトリアージって?〜子ども達が最適な治療を受けるために〜
0
    (しろうジャーナルNO.8 2009年4月15日配信)

    小児救急のトリアージって?〜子ども達が最適な治療を受けるために〜
    小児救急看護認定看護師 横堀真帆さんより

    『トリアージ』という言葉をご存じでしょうか?
    『救命病棟24時』や『コード・ブルー』などのテレビドラマに『トリアージタグ』が登場したり、福知山の脱線事故や秋葉原の連続殺傷事件などでも話題になった言葉なので、ご記憶の方もいらっしゃるかもしれませんね。

     『トリアージ』とはフランス語の「良いものを選別する」という言葉が語源です。
    災害発生時など多数の傷病者が同時に発生したときなどに、緊急度や重症度に応じて治療優先度と治療を行う場所を決定することを言います。

    このトリアージの考え方は、災害時だけでなく混雑する救急外来においても非常に重要であると認識されるようになりました。
    救急外来を訪れる患者さんの大半は軽症ですが、100人に数人は重症者や緊急度の高い患者さんも混在しています。
    来た順に診察すると、待ち時間中に病態の悪化や急変が起きたり、対応が遅れてしまう危険性もあります。

    特に、『小児救急外来』ではその危険性が高まります。
    子ども達は体の予備力が小さくて変化も早いです。また、多くの子どもたちは自分の症状を的確に表現できません。
    そのため、その子に起こっている問題の本質(緊急度)は捉えにくく、重篤そうに見えて実は軽症であったり、軽そうに見えて実は深刻な状態であったりというようなこともあります。
    診察まで医療的な介入を何も行わなければ、重症化のサインを見逃す危険性が高いのです。

    そこで、来院したらまず問診と体温・呼吸・脈拍などをチェックし、治療の優先度の高い子どもから診察するという『トリアージ』が少しずつなされるようになってきています。
     
    『小児救急トリアージ』では、『トリアージーナース』と呼ばれる看護師が、まず意識の状態や顔色、呼吸状態などを即座に判断しながら、来院理由や症状の経過などの問診を行います。

    その情報をもとに、『緊急度分類表』にあてはまるものがあるかチェックします。

    最後に脈拍や呼吸がその子の正常と考えられる値からどれくらいはずれているかを評価して診察の優先度が決められます。
    この一連の流れの中で緊急性の高い問題が認められれば、その時点でトリアージは中止され、診察・処置を行います。

    トリアージで緊急性がないと判断されても、子ども本人のしんどさやご家族の心配に変わりはありません。
    また、今は大丈夫でも長時間待たされている間に状態が変化することもあるかもしれません。
    重症であっても緊急性がなければ待たされることもあります。

    そのため、トリアージナースは再評価の計画も立てます。
    待っている間に起こるかもしれないことをご家族へ具体的に伝え、「お子さんにこういうことが起こったら声をかけて下さい」とお願いします。
    また、待ち時間の苦痛を少しでも緩和できるように体位を調整したり、アイスノンや毛布をお貸しすることもあります。
    子どもやご家族の不安を緩和することもトリアージナースの重要な仕事の一つです。

    こうしたかかわりによって、患者さんと医療者の間に信頼関係を築いたり、これから何が行われるのか予測を持てるようにするなど、子どもの発達を考えた支援の場としてもトリアージは重要だと考えています。

    どのご家族も「うちの子が一番大変!早く楽にしてあげたい」と思っていることでしょう。
    トリアージの目的は診断をすることではなく、あくまでも治療優先順位を決めることにあります。
    緊急度と重症度は必ずしも一致しないこともあり、本人・ご家族が望んでいる通りにトリアージ区分されるとは限りませんが、子ども達の命を守るため、『お互い様』の気持ちでご協力いただけたらと思います。

    現在、すべての小児救急外来でトリアージが行われているわけではなく、むしろシステムとしてきちんと稼動している病院のほうが少ないでしょう。
    現在、トリアージの推進者としても期待されている小児救急看護認定看護師は全国に62名。
    まだまだ課題も多いですが、それぞれが子どもたちとご家族のパートナーとして頑張っています。


    (しろうジャーナルNO.8 2009年4月15日配信)
    | shirouiryo | 小児医療 | 09:00 | - | - | - | - |
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << June 2017 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE