しろうジャーナル 掲載記事ブログ

日常にも、災害時にも…『お薬手帳』の上手な使い方 くりの木薬局 薬剤師 山崎あすか
0
    (しろうジャーナルNo.85 2015年9月15日配信)

    日常にも、災害時にも…『お薬手帳』の上手な使い方
    くりの木薬局 薬剤師 山崎あすか


    みなさんは、『お薬手帳』を持っていますか?
    「しまいこんだまま」という方もいらっしゃるかもしれませんが、使いこなすことで、ご自身やお子さんの
    健康管理につながります。

    調剤薬局でも「お薬手帳、持っていますか?」と聞かれることが多いと思います。そもそも、なんで「お薬手帳」が
    必要なのか?Q&A形式で、ここで一緒に考えていきましょう。


    Q1「お薬手帳」って、そもそもなあに?
    A. 個人個人の情報(氏名・住所・電話番号・アレルギー<食物・環境等>副作用歴、併用薬等)や
    みなさんが使っているお薬の名前や効能、注意事項等を記入し、過去のお薬の服用・使用履歴を記録しておく手帳です。


    Q2「お薬手帳」は医療機関別に持っていなくてはいけないの?
    A. いいえ。
    個人の情報を一つにまとめて(一本化)しておく必要があります。
    情報を一つにまとめることによって、医療機関(医師・歯科医・薬剤師等)や服用・使用する本人(家族)が
    正確に確認するための手段の一つとなります。
    何冊も持っていると同じお薬が処方されてしまうことがあります。


    Q3 「お薬手帳」は持ち歩かないと行けないの?
    A. もちろん、持ち歩いてください!お子さんの「お薬手帳」も一緒に持ち歩いてください。
    タンスの引き出しに入っていても、何の役にも立ちません。

    もし、外出したときに事故や災害に巻き込まれたとき、きちんと情報を伝えられますか?
    気が動転して、正しい情報が救急隊や医療者に伝えられないのではないでしょうか?

    医療機関に行くときも、もちろん持参してください。
    以下のことが、薬局窓口でおこること〜〜あるのですよ。

    ☆薬局の窓口でよくあること!☆
    薬局:「お子さん、何かお薬でアレルギーありますか?」
    お母さん:「以前飲んだ薬で“オ・・なんとか”って薬で吐いたの。なんだったかしら???」
    薬局:(この薬も”オ“がつくのだけど・・・(汗))とか

    薬局:「お子さん、何かお薬飲んでいますか?」
    お母さん:「飲んでいます。咳のくすり。一日二回。」
    薬局:(この薬も“咳止め”なんだけど・・・(汗))
      このようなことがないようにしていただきたいと医療者は祈っております。


    Q4.災害時でも役に立つの?
    A. もちろんです!
    この「お薬手帳」東日本大震災で大活躍しました。災害時には普段通っている医療機関を受診できない、
    カルテが利用できないケースもあります。そのとき、この「お薬手帳」によってお薬の情報を正確に伝える重要な役割をします。


    Q5 「お薬手帳」に自分で書き込んでもいいの?
    A. 是非書き込んでください!「お薬手帳」=「健康手帳」と思っていただいても私はよいと思います。

      お薬を服用・使用したこと(例えば、「解熱剤の処方で、熱は何度でいつ、何回使用した。
    使用したときは、どうなった。等)を記録しておくことによって、次回どうしたらよいか理解できると思います。
    また、どれくらいの期間で服用・使用していたかということを医療者も確認できます。
      
    その他、市販薬を買ったこと、薬の服用チェック、うんち・おしっこの状況、食事量、水分量、睡眠等を
    書き込んでいくのも良いと思います。書き込んでいくことによって、日頃の体調の変化がわかるのではないでしょうか?
      
    是非是非、「MYお薬手帳」または「健康手帳」を作ってください!

    番外編:是非この「お薬手帳」お子さんにデコレーションしてもらいたいと思います。
    MY手帳を作ることによって、なぜ「お薬」が必要なのかを「学ぶ」ことが出来るのではないかと思います。

    自分や家族の健康を守るアイテムとして、「お薬手帳」を是非活用してみてください。
    安全な健康管理のために、とても役立つはずです。

    今回、この原稿を書くにあたって、はぐろ薬局 奥村智宏先生にご協力いただきました。
    ありがとうございました。




    【当ブログ記事の無断転載は、一切禁じております。
    情報の掲載をご希望の場合は、当会までお問い合わせください。

    お問い合わせ先はこちら 】
     
    | shirouiryo | 薬について | 07:00 | - | - | - | - |
    量、タイミング、寝ているときは…?子どもの投薬について、パパママの疑問に答えます!
    0
      (2012年2月15日 配信)

      量、タイミング、寝ているときは…?子どもの投薬について、パパママの疑問に答えます!
      くりの木薬局 薬剤師 山崎あすか先生 より

      皆さん、こんにちは。

      年末年始、とても胃腸炎が流行り、そして今はインフルエンザが流行り始めてきましたね。
      例年よりは、少し遅いかなという気が、私は思いましたが。



      さて、今回、私が夜間診療所で勤務をしていて、多く質問を受けたことを少しお話したいと思います。

      年末に胃腸炎で受診する患児がたくさんいました。
      みんな、青い顔をし、ビニール袋を持って来院。
      その子に付き添うお母さんやお父さんも疲労の顔。
      この子達の胃腸炎がつかれきっている両親にうつらなければいいなと思い、
      薬を準備していました。食事も水分も取るのが難しい患児に対しては、
      さすがに内服薬(飲み薬)は無理な状態。外用薬(坐薬)が多く処方されていました。
      熱もあり、吐き気もあり・・・処方された薬は二種類の坐薬(解熱剤と吐き気止め)。
      この薬を説明しに待合室に向かいました。



      一通り説明したあと、質問が……

      「この坐薬、二つ一緒に使ってもいいですか??」

      我が子を心配する気持ちがとてもわかる質問でした。
      早く熱を下げてあげたい!吐き気を取ってあげたい!



      しかし、その質問を受けたときにきまって聞きます。

      「お母さん、お父さん! 自分だったら二個いっぺんに入れられたら、

      どうですか? それって、別の意味でつらくはないですか??」

      すると、お母さんたちは「すごくいやかも……」と答える方が大半です。

      こういう場合、医師の指示が特になければ、「今お子さんが一番つらいと思っている方を先にして、少し様子を見てはいかがでしょうか?

      一番つらいことを取り除いたら、症状も気持ちも落ち着くと思います」と私は説明しています。



      また、同様のことで

      「この坐薬、寝ていても熱があったら入れたほうがいいですか?」

      と聞かれることもあります。
      これも同じですよね。自分が寝ているときに、突然坐薬を入れられたら……怒り出すかもしれない。

      お子さんの場合は、びっくりして泣き出して、また興奮して症状が悪化するかもしれません。

      医師の指示もありますが、この場合もすっかり落ち着いて寝ている子にわざわざ入れる必要はないかと思います。

      いかがでしょうか?

      皆さん、思い当たることはありますか?


      しかし、お母さんたちがこのように質問してくれたらからこそ、自分も理解できたことです。

      今後も何か不安なことがあったら、私たち薬剤師に質問してください。
      私たちもお母さんたちと一緒に成長していきたいと思っています。

      (2012年2月15日 配信)
      | shirouiryo | 薬について | 09:00 | - | - | - | - |
      抗菌薬が効かない『耐性菌』って何?
      0
        (2011年10月15日 配信)

        「抗菌薬(抗生剤)の適正使用への道しるべ」

        平塚共済病院小児科:武井智昭先生より

        1. はじめに

        「通園している幼稚園・保育園のお知らせで、耐性菌が出たお子さんがいて気になります」
        「今まで抗生物質を使いすぎた結果、耐性菌が多くなった」

        「かぜの診断なのに、抗生物質が処方された」…などの声をよく耳にします。

        抗生物質・感染症との関連性は医療現場に従事するスタッフはもちろん、実際に小児科を受診されるご両親・ご家族にとってより混乱があるようです。

        「耐性菌」「適切な抗生物質使用」は、今後、注目されることと思われます。

        今回は、耐性菌の実態と抗生物質投与との関連性、耐性菌増加を防ぐためにはワクチン接種が有用であることなどをお話しましょう。


        2. 抗菌薬開発の歴史と限界

        ドラマ『JIN』でのとあるシーンをご存じでしょうか?

        江戸時代にタイムスリップした医師は、「梅毒」と診断された女性をある薬を使うことで救命しました。その薬は、「ペニシリン」という、皆さんも一度は耳にされたこともあると思われる抗生物質なのです。

        この薬が日本で発売されたのは1948年であり、以後は多様な抗菌薬の開発・導入により、1960年代には感染症による死亡が激減し、「抗生剤」=「魔法の注射・弾丸」とまでいわれました。

        人類はまるで感染症を制圧したかの様子が、「20世紀において何が人類を幸せにしたか?」というアンケート(2000年)のトップが「抗生物質」であることからも類推されます。

        しかし、抗生物質のターゲットである「細菌」も、その生存のために賢くなる必要があります。
        つまり、抗生物質を効きづらくする「武器・防具」を身につけて「効き目」が弱くなってきました。
        このような「耐性菌」は、この50年における抗生物質の濫用の結果であり、細菌の逆襲とも言える結果です。


        3. 耐性菌の最近の話題

        病院・療養施設などにおける院内感染例として、記憶に新しいかと思いますが、「多剤耐性アシネトバクター」「多剤耐性緑膿菌」「MRSA」などがニュースとなりました。
        いずれも抗菌薬が効きにくい(=耐性)であること、免疫が弱い人(高齢やがん治療中)においては治療に難渋すること、他者へうつる可能性があることが特徴です。


        4. 小児科領域における感染症(呼吸器感染を主に)

        お子さんが熱を出し咳・鼻水などの症状により、発熱の早期で(発熱して2日以内が目途ですが)、小児科外来を受診される事は多々あるかと思います。多くは呼吸器感染症(のどから肺、耳を含む)であります。

        一般論ですが、「かぜ」の原因微生物は初期の段階では抗生物質の効果がない「ウイルス」が主体であり大多数を占めます。


        したがって、この時点で解熱した場合は、抗生物質の使用の有無にかかわらずお子さん自身の力で病気(ウイルス)に乗り切ったと考えられます。

        ちなみに、インフルエンザウイルスのシーズンに使われる、タミフル、リレンザなどは「ウイルス」に対してのお薬です。
        症状が悪くなるサインとしては「発熱が持続する(めやす72時間)」のほか、日常生活では、「水分・食べ物を取らない、おしっこがでない」「遊ばずベッドから動かない」などの症状、「胸をへこまして全身で呼吸している」などの呼吸症状などがあります。


        この時点では、前述のウイルス感染に加えて、お子さんの鼻・咽頭(のど)にいる細菌が気管支・肺や鼓膜へ入り込み症状が悪くなっています。いわば「泣き面に蜂」でしょうか。


        細菌感染合併の確実な診断は難しいため、我々はより精度を上げて診断するために血液検査・レントゲン検査などの補助診断を行います。そして、ガイドラインに準拠して年齢・症状を合わせて抗生物質を含めた治療方針をテーラーメイドに決定しております。


        気管支炎・肺炎へ進展する原因微生物として、肺炎球菌・インフルエンザ菌などが挙げられますが、近年ではペニシリン系耐性・マクロライド系耐性などの菌が増加しています。

        こうした背景から、近年では耐性菌でも効果があるとされる抗生物質(オラペネム、オゼックス)が承認されましたが、濫用による耐性化を予防するため慎重投与を検討をするべきかと思います。


        5. 耐性菌増加防止とワクチン接種との関連

        2008年にヒブワクチン・2010年に肺炎球菌ワクチンが導入されました。

        これらのワクチンの積極的な接種の増加は、髄膜炎や敗血症などの侵襲性感染症はもちろん、肺炎や中耳炎などへの予防効果が海外で証明されております。

        長い道のりですが、ワクチン接種→抗生物質投与の必要例の減少→「耐性菌増加抑制」と考えられております。


        6. おわりに

        『耐性菌』というタイトルでは、ちょっととっつきにくくて分かりにくいかもしれませんが、「熱」=「抗生物質」という神話的概念からの脱却が必要であるかと思います。
        なぜ、この薬が処方されたのか?改めて考えていただける契機になれば幸いです。

        (2011年10月15日 配信)
        | shirouiryo | 薬について | 09:00 | - | - | - | - |
        子どもと薬
        0
          (しろうジャーナルNO.28 2010年11月15日 配信)
           

          「子どもと薬」                

           

          はらこどもクリニック院長  原 朋邦先生

           

           

          好い医者は下痢に下痢止め、咳に咳止め使わない。これは小児科医になりたてのときに先輩に教えられた諺です。
          下痢には色々の原因がありますが、下痢を止める薬とは腸の蠕動をとめる働きのある薬です。
          下痢の原因は色々有りますが、ウイルスや細菌感染の場合には病原体を速やかに捨てる働きを持っています。
          それを止めれば病原体がより長く体内に留まることになります。

          また、大腸で腐敗や発酵が起こっているのですが、それがより活発になりガスが多くなりおなかが張って困ることにもなります。

           

          咳は気道に炎症が起こり、病的な痰や異物を体外に捨てる反応でもあります。咳止めとは咳の反射を抑制する薬です。
          痰が留まれば、やはり病原体が中で増殖し肺炎の誘因になったりします。

           

          下痢や咳は病気であることの兆しであり、この症状が強ければ、辛いものではありますが、闇雲に症状を止めようとすることが治療ではないのです。

           

          私は、小児科医になって45年になりますが、次硝酸ビスマスやロペラマイドという下痢止めを小児の患者さんに使ったことはありませんし、燐酸コデインという咳止めは百日咳の患者さんや成人の患者さんに稀に使う以外には処方したことはありません。
          鼻水、軽い咳、軽い発熱は風邪の主な症状ですが、早く薬を飲んだ方が早く治ると考えられている方は少なくないのではないでしょうか?

           (しろうジャーナルNO.28 2010年11月15日 配信)

          アメリカの小児科学会が2009年の10月に教科書を出版しました。
          その本によれば、普通感冒には有効な薬はないと書かれています。数年前に、アメリカのFDAは2歳以下の子どもには、市販の風邪薬を飲ませないように勧告していますが、アメリカ小児科学会もそれを支持すると書かれています。
          乳児急死症候群の頻度が高くなると警告をだしているのです。
          ウイルスによる細気管支炎(ウイルス性肺炎と同義語)は乳児ではしばしば入院の原因にもなりますし、ときとして生命を脅かす病気ですが、これにも、有効性が証明された薬はなく3%の食塩水の吸入が僅かに有効だと書かれています。

           

          私は、自分の仕事は薬を処方することは第一義的ではなく、どんな病気かを診断すること、悪化していない、合併症がないことを確認することが大事であり、無効である薬物を処方することはあっても危険性の高いものは処方すべきではないと考えていますが、患者さんの希望とは合わないことが多いようです。

           (しろうジャーナルNO.28 2010年11月15日 配信)

          | shirouiryo | 薬について | 09:00 | - | - | - | - |
          お薬のこと
          0

            (しろうジャーナルNO.15 2009年11月 配信)

             

             

            講座でも質問の多いお薬のこと

            埼玉・くりのき薬局薬剤師 山崎あすか 先生より

             

             

            インフルエンザが流行っている毎日、薬局にも「タミフル」「リレンザー」と書かれた処方箋を持っている患者さんがたくさんみえます。

            皆さん、手洗い、うがい、そしてマスクをちゃんとできていますか?先日、マスクをした患者さんが薬局に見えましたが・・・・鼻が見えたり、わきがあいていたりしていて、マスクをしている意味がない状態でした。

            きちんと、鼻のところをフィットさせ、あごの下の方までギャザーをおろしていますか?マスクをするとき、チェックしてくださいね。

            そして、「咳マナー」も気をつけていますか?咳をする時、手の甲で受ける形をするようにしましょう。手のひらで受けてしまうと、菌がついた手でいろんな所を触り、広げてしまうかもしれませんから・・・。

             

             さて、先日、学会発表をさせていただき、医師や薬剤師の先生方にアンケートをさせていただきました。いろいろな

            意見も出て、自分自身とても勉強になりました。その時の報告も兼ねて、お母さん方にお願いごともしたいと思います。

             

             私たち薬剤師はお薬を渡す前にいろいろなことを考えているのです。

            例えば)・飲み方・お薬の量 ・症状について ・体重について・薬を管理する人

             

            薬をきちんと服用してもらうにはどのような工夫をすればよいか。

            アレルギー歴 等

             

            このようなことを考えながら、お薬を渡しに行きます。その時にお母さん方が考えていることと私たちに説明が一致

            すればいいのですが、たびたび一致しないことがあります。

            例えば)・内服薬の服用方法(中止についてなど)

             

            処方された薬と症状の違い 

            解熱剤の服用の目安。

            外用剤の使用方法 等

             

            また、「食後服用」とのことで、食事必須と考えて食事をしなかったので自己判断で飲ませなかったという方もいらっしゃいました。

             

            この時、お母さんたちにお願いごとです!

             

            ・不安や疑問などがあったら、質問してほしい。(薬局でもし対処できなかった場合、薬剤師が医師に問い合わせをしてくれると思います。)

            ・薬を渡すとき「錠剤が飲めない」「粉薬が飲めない」と言われることがあります。前もって医師にその旨を伝えてほしい。

            保管方法を間違えないようにしてほしい。(よく、粉薬を冷蔵庫で保管している人がいます。湿気を含んでしまうので、涼しい暗い所・お子さんの手の届かないところに保管していただきたい)

            変更内容などを医師は診察時に説明していると思うので、薬剤師にも教えていただきたい。

            「お薬手帳」を活用していただきたい。(お薬だけでなく、気づいた事・体重等を書いておくと、医師や
            薬剤師に伝わりやすいと思います。)

             

            お願い事をつらつらと書いてしまいましたが・・・私たち薬剤師も患者様のために頑張っていきたいと思います。

             

            (しろうジャーナルNO.15 2009年11月 配信)

             

             
            | shirouiryo | 薬について | 09:00 | - | - | - | - |
            お薬のこと
            0

              (しろうジャーナルNO.15 2009年11月 配信)

               

               

              講座でも質問の多いお薬のこと

              埼玉・くりのき薬局薬剤師 山崎あすか 先生より

               

               

              インフルエンザが流行っている毎日、薬局にも「タミフル」「リレンザー」と書かれた処方箋を持っている患者さんがたくさんみえます。

              皆さん、手洗い、うがい、そしてマスクをちゃんとできていますか?先日、マスクをした患者さんが薬局に見えましたが・・・・鼻が見えたり、わきがあいていたりしていて、マスクをしている意味がない状態でした。

              きちんと、鼻のところをフィットさせ、あごの下の方までギャザーをおろしていますか?マスクをするとき、チェックしてくださいね。

              そして、「咳マナー」も気をつけていますか?咳をする時、手の甲で受ける形をするようにしましょう。手のひらで受けてしまうと、菌がついた手でいろんな所を触り、広げてしまうかもしれませんから・・・。

               

               さて、先日、学会発表をさせていただき、医師や薬剤師の先生方にアンケートをさせていただきました。いろいろな

              意見も出て、自分自身とても勉強になりました。その時の報告も兼ねて、お母さん方にお願いごともしたいと思います。

               

               私たち薬剤師はお薬を渡す前にいろいろなことを考えているのです。

              例えば)・飲み方・お薬の量 ・症状について ・体重について・薬を管理する人

               

              薬をきちんと服用してもらうにはどのような工夫をすればよいか。

              アレルギー歴 等

               

              このようなことを考えながら、お薬を渡しに行きます。その時にお母さん方が考えていることと私たちに説明が一致

              すればいいのですが、たびたび一致しないことがあります。

              例えば)・内服薬の服用方法(中止についてなど)

               

              処方された薬と症状の違い 

              解熱剤の服用の目安。

              外用剤の使用方法 等

               

              また、「食後服用」とのことで、食事必須と考えて食事をしなかったので自己判断で飲ませなかったという方もいらっしゃいました。

               

              この時、お母さんたちにお願いごとです!

               

              ・不安や疑問などがあったら、質問してほしい。(薬局でもし対処できなかった場合、薬剤師が医師に問い合わせをしてくれると思います。)

              ・薬を渡すとき「錠剤が飲めない」「粉薬が飲めない」と言われることがあります。前もって医師にその旨を伝えてほしい。

              保管方法を間違えないようにしてほしい。(よく、粉薬を冷蔵庫で保管している人がいます。湿気を含んでしまうので、涼しい暗い所・お子さんの手の届かないところに保管していただきたい)

              変更内容などを医師は診察時に説明していると思うので、薬剤師にも教えていただきたい。

              「お薬手帳」を活用していただきたい。(お薬だけでなく、気づいた事・体重等を書いておくと、医師や
              薬剤師に伝わりやすいと思います。)

               

              お願い事をつらつらと書いてしまいましたが・・・私たち薬剤師も患者様のために頑張っていきたいと思います。

               

              (しろうジャーナルNO.15 2009年11月 配信)

               

               
              | shirouiryo | 薬について | 09:00 | - | - | - | - |
               123456
              78910111213
              14151617181920
              21222324252627
              28293031   
              << May 2017 >>
              + SELECTED ENTRIES
              + CATEGORIES
              + ARCHIVES
              + MOBILE
              qrcode
              + LINKS
              + PROFILE