しろうジャーナル 掲載記事ブログ

麻しん(はしか)が流行しています
0

    (2016年9月15日発行の記事を改変の上、再掲)

     

    かるがもクリニック 院長 宮原篤先生

     

    【麻しんの対策はワクチン】

    麻しんが流行しています。麻しんは空気感染で同じ空間にいただけでも感染します。

    今後何処で麻しんに感染するか分からない状況になると思います。

    対策は麻しんワクチン(MRワクチン)です。

     

     

    【いつ接種する?】

    定期接種において麻しんワクチン(MRワクチン)は1歳から接種できますが、

    0歳でも自費になりますがワクチン接種は可能です。

     

    通常は母親からの移行免疫が無くなる生後6ヶ月から接種しますが、

    母親が妊娠中の検査で麻しん抗体が少なかった場合、早めに接種したほうがいいでしょう(母親も)。

    母子手帳などでご確認をしてください。

     

    流行していて感染のリスクがある場合には、生後6ヶ月から麻しんワクチンは接種可能です。

     

    接種後14日程度で抗体価が感染防止レベルまで上がると言われていますが、

    ワクチン未接種で麻しん患者と接触した場合も72時間以内であればワクチンが有効な時があります。

     

    その後でも接触後6日以内であればグロブリン製剤(血液製剤)で症状の緩和が期待できます。

     

     

    【1歳になったら再接種を】

    0歳児で麻しんワクチン(MRワクチン)を接種して副反応が特に強くなるということはないとされています。

     

    0歳児で接種しても免疫が減弱しやすいことが知られています。ですので、

    1歳になったら速やかに定期接種のMRワクチンを接種して下さい

    (前回の麻しんワクチンから27日は間隔をあけて下さい)。

     

     

    【副作用についての考え方】

    麻しん含有ワクチンの副反応で最も多いのが発熱・発疹です。接種後7〜10日ほどで起こります。

    1日か長くても2日で下がります。

    他にも副反応が列挙されることがありますが、ほとんどが「紛れ込み」です。

     

    脳炎脳症は100〜150万人接種に1人以下、

    急性血小板減少性紫斑病は100万人接種に1人程度と言われています。

     

    年間100万人ほど出生する日本で、ほぼ同人数接種するMRワクチン(1期・2期だと200万人)

    接種者の1〜2人が何かしらの重篤な症状を起こした場合、

    ワクチンの副反応と100%断定することも100%否定することも困難です。

     

    日本にはワクチンの救済制度というものがあります。

    しかし、任意接種と定期接種で金額が違いますし、

    個人輸入のワクチンには原則ないものだと思ってください。

    私はそのリスクがあってもワクチンは接種すべきだと思います。

     

    ※参考:万が一の健康被害が起こったら?:KNOW VPDの会

     

     

    【一歳未満での接種にこだわる理由】

    どうして私がここまで0歳時での接種に言及するかというと、0

    歳時での麻しん感染は重症化しやすく、死亡率も高いからです。

     

    また、麻しん感染して数年後に発症する亜急性硬化性全脳炎(SSPE

    0歳児での感染が多いのです(致死性)。

     

    以前6ヶ月未満の赤ちゃんが麻しんに罹り、程なくして母親が麻しんに罹った事がありました。

    赤ちゃんへの移行免疫がなければ、母親が罹るのが当然ですよね。

     

    個人的な話をすれば、私は0歳の時に麻しんにかかりました。

    お友達の親が予防接種をしない方針で、そのために私は感染したのです。

    痙攣して生死をさまよったと聞いています。

     

    12345

     

     

    ※参考:はしか(麻しん)ってなあに?

    こちらにも詳しくまとめられています。沖縄は麻しんが多いのです・・・

    沖縄県小児保健協会

     

     

     

    | shirouiryo | 感染症 | 14:36 | - | - | - | - |
    子どもの乗り物酔いの原因とその対策
    0

      なごみクリニック(横浜市瀬谷区)

      院長 武井 智昭

       

       

      いよいよゴールデンウィーク、そして夏休み。子どもと車で出かけることも多くなりますが、

      気になることとして、「乗り物酔い」があります。

      楽しいはずの時間が、この乗り物酔いで、つらい時間となることがあります。

      ここでは、こどもの乗り物酔いの原因と、その対策に関してご紹介します。

       

      【乗り物酔いが起きるメカニズム】

       

      そもそも、車酔いを含めた「乗り物酔い」とは、どのようなメカニズムで起きるのでしょうか。

      乗り物酔いは「動揺病」とも表現されることがあり、左右上下の平衡感覚とバランス感覚の異常が起きる事により、

      めまい、胃のむかつき、吐き気の症状がみられます。

       

      耳の奥に「三半規管」というバランスを保つ器官がありますが、

      ここに前後・左右・上下・回転するなどの刺激が繰り返されると、変化に対応できなくなり、

      こうしためまいに似た症状がみられます。

       

       

      【乗り物酔いが起きやすい年齢】

       

      この乗り物酔いですが、未就学児(幼稚園・保育園児など)が、起こす頻度は低く、

      小学校入学後、学年が上がるにつれてその割合が増加していきます。

       

      理由としては、小児の脳の発達と関連があると言われています。

      3歳くらいまでは、バランスをとる小脳全体が未発達のため、乗り物などの振動への感覚は鋭くありません。

       

      この小脳の機能が4歳くらいになると発達して、外部からの刺激に敏感となり、

      また、三半規管も発達してくるため、乗り物酔いを訴える子どもの割合が増加します。

       

      20180415

       

       

      【乗り物酔いを予防するには】

       

      まずは体のコンディションを安定させることです。

      車などに乗る前には空腹・満腹の状態は避けてください。この状態では、胃腸が刺激され、

      吐き気が出やすいからです。

      前日の睡眠不足や疲れなどでも、自律神経がアンバランスになりやすくなります。

       

      また、自家用車では、「進行方向に背を向けない」、「エアコンを止めて自然の風で温度調節をする」、

      「芳香剤などの匂いを避ける」ことが重要です。

      バスや飛行機では、揺れが少ない前方の席を選ぶこともポイントです。

      携帯のゲームやスマホなどは避けてください。

       

      なにより、乗り物酔いの症状は精神的な要素でも悪化しますので、

      「乗り物酔いをしない」という自信をつけ、不安に陥らないように、親などがサポートしてあげることが重要です。

       

      普段の生活でも、ブランコや滑り台、鉄棒やでんぐり返し、平均台などの揺れやスピードに慣れておくこと、

      バランス感覚を鍛えておくことも重要です。

       

       

      【乗り物酔いが起きてしまったら】

       

      自家用車であれば、まず車を止めて新鮮な空気を吸い、水分補給をしてください。

      すぐに降りられない場合は、「遠くを見つめる」、「しっかりと力を入れて目を開ける」、

      「シートを倒して横になる」など、できるだけ揺れによる刺激を少なくして、楽な姿勢をとってください。

       

       

      【酔い止めの薬について】

       

      酔い止め薬は、事前に飲んで予防することもできますし、

      酔ったときに症状を和らげてくれるものとしても使えます。

      「ドロップタイプ」と「ドリンクタイプ」があり、子どもでも飲みやすい味や形状になっています。

       

      ただし、商品によっては服用できる年齢や服用量が異なるので、

      使用上の注意をよく読んでから使ってください。

       

       

      【まとめ】

      車酔いを含めた乗り物酔いは、小脳や三半規管の過敏性による、

      自律神経のアンバランスで起こりますが、自己暗示の部分もあります。

       

      乗り物酔いの対策を日常で行いながらも、家族みなさんが楽しい時間を過ごせるように、

      お子さんを安心させて、無理のない移動を計画してください。

      【当ブログ記事の無断転載は、一切禁じております。
      情報の掲載をご希望の場合は、当会までお問い合わせください。
      お問い合わせ先はこちら 】
      | shirouiryo | 子供の乗り物酔い | 07:00 | - | - | - | - |
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      2728293031  
      << May 2018 >>
      + SELECTED ENTRIES
      + CATEGORIES
      + ARCHIVES
      + MOBILE
      qrcode
      + LINKS
      + PROFILE